JCB キャッシング

JCBのキャッシングで満足できない方【即日】

色んな出費が重なって大変です。出産祝いや結婚祝いをお金が無いから後日でいい?なんて恥ずかしくて言えません。父の入院費もあるんだけどそれは少し先でいいんだけど用意しておかないといけないからね><。仕方がなくJCB キャッシングで借りる事にしました。カードは持ってたんだけどまさかJCB キャッシング機能付きって知らなくてHPでキャッシング出来る所探してたら偶然見つけて知ったんです。審査からしなくて済んだんだけど限度額いっぱいに近い金額借りたので返済苦労するかも・・・入院費以外はおめでたい事なんで喜んであげなきゃいけないんだけど重ならないでよなんて言えないしねw仕事してるのですが一人暮らしの為家賃やら公共料金もいるしそれを考えたらJCB キャッシングしかなかったんです。実家に戻っても通えない距離ではないんだけど昼休みに家に戻って食事して節約してるのが出来なくなるのがね。自己都合でもあるんだけどね^^;それに実家居るとうるさく言われるからうざいって思うけど離れてみると違う思いも出来るからね。日本人に愛されている偉人の一人といえば、良寛さんが挙げられます。良寛さんの詠んだ歌を眺めていると、モノがあまりなくてもココロを楽しませることができるのだとわかります。良寛さんは自分の境遇を嘆きながらも、簡素な生活を楽しんでいるようにも思えます。無邪気に子どもたちと遊ぶ姿はほほえましいものです。もしかすると、今ほしいと思っているモノは、本当は必要ないのかもしれません。モノがあまりない生活を送っていると、心がすっきりしてきます。最近読んだ新聞記事によると、へそくりが一定額ある方が夫婦円満だそうです。というのも、いざというときに頼ることのできるお金があることで、安心感と心に余裕が生まれるからだそうです。なるほど、そういうものなのですね。へそくりというのは、相手に隠れてお金を貯めこむわけですから、何となくネガティブなイメージを持っていたので、意外でした。私自身はへそくりを持っていないので、へそくりによって心の安寧を得るという発想は、なかなかしっくりこないのですが、へそくりを持つことで旦那さんに対して笑顔で接することができるということなら、良いこともあるのですね。